東京都東新宿駅 セサミ・カイロプラクティック
        東京都東新宿駅 セサミ・カイロプラクティック ・・・・ 03−6457--6116                             大江戸線・副都心線『東新宿駅』A2出口すぐ上402号室

HOME

治療案内
スタッフからのご挨拶
料金
ご予約 ・ お問い合わせ
漫画でみるカイロプラクティックとは?
どんなカイロ治療?
赤ちゃん・こども

セサミ談話室
セミナー/カイロ小屋
カイロ小屋/勉強会参加希望申込み
ほとんど毎日独り言
康二の奮戦記(お勧め500冊)
奄美世(あまんゆ)のごはん
赤ちゃん、子ども、妊婦の治療

朋子先生の講演・セミナー
ば〜ばのワークショップ
講演記録

PC症候群
頭痛、肩こり、首の痛み
40(50)肩・手首の腱鞘炎
腰痛・ギックリ腰
股関節・膝関節・足関節痛
マッケンジー理論とカイロプラクティック
チューニング セラピー

出版物・治療院
出版物
リンク
各地の治療院案内
特別取引商法の表示


                     始めに 

 今年(2018年)で、アメリカから帰国して25年を迎えます。アメリカでは約14年間過ごしました。アッという間の14年間でしたが、日本に帰国してからの25年もアッという間でした。
 
帰国してからの最初の10年間は、アメリカで修得したカイロプラクティックのダイレクト・テクニック(直接法)を集大成することに努め、「ダイレクト・テクニックPart1〜2」を書き上げました。その後、多くの一般の人が疑問に抱くカイロプラクティックとは何だ?という問いに答えるために書いた「カイロプラクティック物語」を経て、「カイロプラクティック各論1〜3」を通して、テクニックだけでなく、カイロプラクターとして、または医療に携わる者として知っておくべき、または考慮すべきことをご紹介してきたつもりです。

 しかしこの数年、「これで良かったのか?自分のやるべきことを全うして来たのか?」という疑問を抱き始めました。

 今から20年以上前になりますが、故・江崎健三さん(前・江崎器械株式会社 社長)から相談を受けました。「これからの日本で必要とされるテクニックや、不足している知識は何かありませか?」と聞かれた時、自分なりに悩みました。
当時の自分はアプライド・キネシオロジー(以後、AKに省略)協会の会員であり、どっぷりとはまっていたので、当然ながらAKと言いたかったのですが、AKはマニアックな部分や、複雑な部分が多々あるので、まだ日本に紹介するのは早すぎるかも知れないという気持ちがありました。
 
それよりも帰国して数年経って感じていたことは、かなり多くの人(自称カイロプラクター)の治療を横から見ていると、かなり危ない施術を施している人たちがいることに危機感を抱いていました。当時は余り訴える人はいませんでしたが、今では大変なことになるような治療を施している人が多く、眼を覆いたくなることが多かったのです。
 
そこで提案したのが「マッケンジー・メソッド」でした。当時はマッケンジー・メソッドのことは知ってはいましたが、自分の治療には取り入れてはいませんでした。当時は既に自分の治療体系がある程度成り立っていたので、なかなかマッケンジー理論を取り入れられずにいたのです。しかしマッケンジー・エクササイズの安全性は理解していたので、敢えてマッケンジー・メソッドをお勧めしました。
 
すると故・江崎社長は自分の提案に理解してくださり、早速マッケンジー協会に連絡して、権利を取得するように動いてくれました。またマッケンジー協会から発行されている"腰椎"編と"胸椎・頸椎"編の翻訳を進めるように依頼されました。

 実はマッケンジー・メソッドを設立したロビン・マッケンジー(理学療法士)は、カイロプラクティックやオステオパシーを嫌っていました。詳細は分からないのですが、"腰椎"編でも、「カイロプラクターやオステオパスが貢献したのは、背骨を後方から前方に押したことぐらいだ」と酷評していた程です(ですから翻訳の際には割愛させて頂きました。今、告白します)。
 ですから権利を取得するまで2年以上の歳月がかかりました。しかしアメリカでマッケンジー協会のインストラクターの資格を所得していたギャリー・ジェイコブDCが一生懸命に働きかけて頂いたお陰で、なんとか権利を得ることが出来ました。
 そして"腰椎"編や"胸椎・頸椎"編も発行することが出来、ギャリー・ジェイコブDCも毎年のように来日してセミナーを開いて頂けました。自分も数年に渡り、通訳もさせて頂きました。

 その頃から翻訳もさせて頂き、また通訳までしていた自分は、自分の治療にマッケンジー理論を取り入れないのも不自然だと思うようになりました。また翻訳や通訳をさせて頂いたお陰で、それまで上辺だけしか理解していなかったマッケンジー理論が分かってきたような気がしたのです。
 
そこで自分の治療にマッケンジー・メソッドを取り入れようと決心したのです。しかしマッケンジー理論を取り入れると、カイロプラクティックの検査や治療が出来ず、反対にカイロプラクティックの検査や治療を主に取り入れると、マッケンジー理論を取り入られずに苦労しました。
 何とか両方をうまく取り入れられるようになるまでに3カ月以上も要したのを覚えています。ある程度まで自分の治療体系を成立させている人に、全く異なる治療体系を取り入れるのは非常に難しいことを実感しました。

 今ではカイロプラクティックとマッケンジー理論を取り入れながら治療を施すようになりました。また20年ほど前から発生学や動物行動学などの勉強をしながら、脊柱に及ぶ彎曲の理由や、必要性や重要性に気付き始め、カイロプラクターが重要視する背骨の椎骨の関節に生じる"サブラクセーション(関節の歪み、または可動性の減少)"だけではないことを学びました。

 前述しましたが、帰国して25年が経とうとしている今、自分が故・江崎社長に勧めたマッケンジー・メソッドをそのままにして良いのかと自分の無責任さに気付いたのです。自分が苦労して取り入れたマッケンジー理論でしたが、他の人たちも四苦八苦して取り入れてでは、余りに無責任だと思うようになりました。

 帰国して25年が経つ今、自分は20年以上前から封印していた、新たな治療法に挑む決心をしています。詳細は省きますが、10年スパンで挑戦します。ですが一方で、マッケンジー理論を、どのようにカイロプラクティックに取り入れるのか、どのように理解すべきなのかをご紹介すべきだと思うようになりました。

 この本は出版されるまで、これから数年かかると思います。ですから皆さんの目に届くまでに、この内容が完成するまで長いお付き合いになる筈です。

 取り敢えず少しずつになりますが、HPに連載して行くことにします。

 よろしくお願いします。

                            仲井康二DC

COPYRIGHT(C)2010 東京都東新宿駅にあるカイロプラクティックのセサモイド ALL RIGHTS RESERVED.