東京都東新宿駅 セサミ・カイロプラクティック
東京都東新宿駅 セサミ・カイロプラクティック ・・・・ 03−6457--6116               大江戸線・副都心線『東新宿駅』A2出口すぐ上402号室

HOME

治療案内
スタッフからのご挨拶
料金
ご予約 ・ お問い合わせ
漫画でみるカイロプラクティックとは?
どんなカイロ治療?
赤ちゃん・こども

セサミ談話室
セミナー/カイロ小屋
カイロ小屋/勉強会参加希望申込み
ほとんど毎日独り言
康二の奮戦記(お勧め500冊)
奄美世(あまんゆ)のごはん
赤ちゃん、子ども、妊婦の治療

PC症候群
頭痛、肩こり、首の痛み
40(50)肩・手首の腱鞘炎
腰痛・ギックリ腰
股関節・膝関節・足関節痛
チューニング セラピー
健康になるためのダイエット

セサミ雑学

出版物・治療院
出版物
リンク
各地の治療院案内
特別取引商法の表示


東京都新宿駅にあるカイロプラクティックのセサモイドのほとんど毎日独り言

12月 12日 勝間さんという人・・・
 勝間和代さんの「断る力」(文春新書)を読んでみました。少々時間が掛かりました。

 以前、偶然に勝間さんの「やせる」という本に出合い、「へエーよく本を読んでいる人だなあ」とビックリしました。

 本人は経済評論者らしいのですが、栄養学の的を見事についていて感心したのでした。

 そこで今回は啓蒙本に挑戦したのですが、実は自分には苦手の分野で、中々進まず、やっと読み終えました。

 でも色々な本が紹介されていて、「やはりこの人は勉強家だなあ」と感心しました。

 自分には向かない自己啓蒙本でした。


 
 『頑張れ、日本!』

12月 8日 ロボット手術・・・
 「日本の手術はなぜ世界一なのか」宇山一郎(PHP新書)を読んでみました。

 内容はロボットを用いた外科的手術のことで、アメリカの会社で作られているダビンチというロボットを用いて、宇山先生は主に胃がんの手術を行っているようです。

 これからは、このような手術になって行くのだろうなあと実感しました。

 日本の医療は変わった部分もあり、ビックリすることも多いのですが、どの国でも色々な問題を抱えているのだと思います。

 日本の会社もダビンチの技術を応用して、MRIやCTがそうだったように、誰でも購入でき、もっと技術を伸ばした機具を開発してくれることを祈っています。

 そして一早く、保険適用されることを祈ってます。

 PS 昨日PCの調子が悪く、昨日ご紹介したかった本を今日ご紹介したので、写真が大きいままです。ご了承ください。


 
 『頑張れ、日本!』

12月 7日 佐藤勝という人・・・
 時々、理系とは関係のない本のご紹介が増えているような気がしていますが、これは自分の無知を改善しようとして試みていると解釈して頂きたいと思います。

 数年前に“反日”とはなにか?と真剣に考えるようになりました。

 皆さんもどうして、こんなに日本に対して“反日(もちろん一部の国だけですが)”と騒ぎ立てるのか不思議になりませんか?

 そこで正しい情報を提供している人たちを探すことから始めました。

 その中の一人が佐藤勝さんんでした。

 今回も「人に強くなる極意」(青春出版社)を読ませて頂きました。

 日本という国を正面から受け止め、国益のために知恵を出し、平和のために提案する数少ない人の一人だと確信しています。

 今の日本は歪んだ部分が多々あり、しっかりとした正しい情報を集める必要がある世の中になってしまいました。

 正しい情報を以下に入手するかは、個人個人の努力しかないとも思います。

 「正義は勝つ!」の精神だけは曲げるつもりはありません。 

 
 『頑張れ、日本!』

12月 6日 心臓・・・
 最近は前回ご紹介した睡眠の話しもさることながら、心臓関連の本との出会えが増えているような気もします。

 出会いとは不思議なもので、何時も神様はいるのだろうなあと考えてしまいます。

 ブックオフで出会う本も、神様の誘導のような気持になります。

 どちらに導かれるのかは分かりませんが、「エーイ、ママよ」という気持ちで読んでます。

 今日もブックオフに出向き、また3冊購入しました。

 どこに導かれるかは分かりませんが、受け入れる気持ちでいます。

 


 『頑張れ、日本!』

12月 4日 睡眠・・・
 先月「スタンフォード式 最高の睡眠」をご紹介しましたが、たまたま再び睡眠の本「睡眠で人生が劇的に変わる生体時計活性法」神山潤(講談社+α新書)を見つけたのので、早速読んでみました。

 以前“睡眠”の重要性を確信したことをご紹介したことがあります。自分の右下腿の内側に腫瘍(正確に診断を受けた訳ではありませんが)がふくらjはぎの内側にできたとき、自分で治そうと決心したのです。

 サプリメントを始め、色々と試しましたが、中々変化が得られない時に、思い付いたのが“睡眠”だったのです。

 それまでは1日に5〜6時間は寝ていたのですが、毎朝起床時が辛く、寝不足が関係するのでは?と考えたのです。

 それから数か月後、気持ちよく起床できるようになると、腫瘍もどきも縮小し始め、完全に消滅するまでには数年かかりましたが、睡眠が多いに関係していたと、今でも信じています。

 学生以来、毎朝、睡魔との戦いだったからです。

 この本を読んで、再び睡眠の重要性を実感したのでした。

 やはり、しっかりとした睡眠んは必要不可欠なのだと実感したのでした。

 


 『頑張れ、日本!』

12月 1日 量子力学・・・
 趣味なのか意地なのか、時間を見つけては物理学に挑戦していますが、まだまだ全然分かりません。

 一番分からない量子力学ですが、「量子の新時代」佐藤文隆・井本信之・尾関章 共著(朝日新書)に挑戦してみました。

 やはり分からない部分が多々ありましたが、少しだけ日差しが差したような気がします。

 まだまだですが、少しでも近づけるよう頑張りたい。

 いつかはきっと分かる日が来ると信じてます。

 


 『頑張れ、日本!』

11月 29日 糖尿病・・・
 「あなたの知らない糖尿病の話」真山享(PHP新書)を読んでみました。

 今までモヤモヤしていた部分が判明して、スッキリとした気分です。

 後日、ノートに書きこんで、しっかりと頭の中にしまい込むつもりです。

 「カイロプラクティック各論(2) エッセンシャル栄養学」の最終校正も終わり、後は出版を待つばかりとなりました。

 何とか今年中に出版されることを祈ってます。

 栄養学の知識がない人に合わせて書いたつもりです。

 皆さんも是非お読みください。

 心よりお願い申し上げます。




 


 『頑張れ、日本!』

11月  4日 睡眠の重要性 ・・・
 「スタンフォード式 最高の睡眠」西野精治(サンマーク出版)を読んでみました。

 睡眠に興味を抱いたのは、もう20年近く前でした。

 右下腿部に腫瘍のようなジュクジュクした部位が現れ、病院には行かずlに自分で治そうと決心しました。

 ちょうど栄養学の勉強を始めていたので、色々なサプリメントも試しました。が、余り改善しません。

 そこで考えたのが寝不足でした。当時は6時間前後の睡眠を取っていましたが、毎朝眠たいのが不満でした

 そこで6時間から7時間、更に8時間と睡眠時間を長くしてみました。

 それから2か月後、ジュクジュクした腫瘍様な部分が固まり始め、2〜3年後に完全に消失しました。

 やはり睡眠が一番効果があったと思います。

 本を読んでみると、自分が考えていた内容に一致している部分が多々あり、一人で喜んでしまったのでした。

 皆さんも是非お読みください。
 

 『頑張れ、日本!』

10月 28日 Artifificial Intelligence ・・・
AI という言葉を聞くようになって久しい。

 井上智洋さんの「人工知能と経済の未来」(文春新書)を読んでみて驚いてしまいました。

 彼は2030年から45年の予想をしています。未来のような世界です。

 自分はもう少し遠いと思っていますが、実現する可能性は捨てられないとも思います。

 AI が進むことで、労働力が必要となくらり、経済が変わると提唱なさっておりますが、まだまだ時間が掛かると思います。

 自分には想像できない世界ですが、着実に近づいていることは間違いないでしょう。

 それまで生きていられない自分ですが、そのほうが良いと思ってしまうのは、何か受け入れられない部分があるのかも知れません。

 良い方向に進むことだけを祈っております。

 

 『頑張れ、日本!』

10月 17日 町工場・・・
 「NASAより宇宙に近い町工場」植松努(ディスかヴァー携書)に出会い、読んでみました。

 凄いなあと思うのは、本当に好きだけでロケットを作ってしまった人たちがいるのですね。

 もう少し理系的な話かなと思っていたのですが、どちらかというと啓蒙本的な内容でした。

 でも“夢”を追い続けるという内容には納得しました。「どうせ無理」という言葉は廃絶したいという信念は凄い!

 お勧めの本です。

 

 『頑張れ、日本!』

COPYRIGHT(C)2010 東京都東新宿駅にあるカイロプラクティックのセサモイド ALL RIGHTS RESERVED.